スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
気になるニュース


 気になったニュースです。

 驚異の昆虫




 ~asahiより~

 零下200度の低温に耐え、濃度100%のアルコールも、
 沸騰したお湯の熱さもへっちゃら。
 驚くべき生命力をもつアフリカ産の小さな蚊の幼虫が、科学
 教材として来年にも登場しそうだ。
 「科学と学習」などで知られる学習研究社が、独立行政法人・
 農業生物資源研究所の研究に目をつけ、新雑誌の「ふろく」
 への採用を検討中だ。

 教材になるのは、アフリカ中部に生息する蚊の仲間、ネムリ
 ユスリカの幼虫(全長約7ミリ)。昆虫では唯一、体が乾燥
 すると代謝が止まって休眠状態となり、水分を得ると息を吹
 き返す。
 「生命の驚異を感じるのに最適」(学研担当者)と、学研側
 が同研究所の奥田隆・主任研究官に企画を持ちかけた。今年
 4月に創刊した小中学生向けの科学雑誌「科学のタマゴ」で、
 「ふろく」に採用する計画だ。

 ネムリユスリカは乾燥地帯の水たまりに住み、乾期で水が干
 上がると、体内でトレハロースという糖を合成。細胞のたん
 ぱく質を包み込み、熱や寒さから体を守る。奥田さんらは、
 ナイジェリアで採取した幼虫を研究室で大量繁殖させること
 に成功。奥田さんのこれまでの研究では、零下197度の液
 体窒素に1週間▽濃度100%のエタノール溶液に1週間▽
 チューブに入れ90度のお湯に1時間、それぞれの状態に乾
 燥幼虫を置いても、水を与えると、1時間後には動き出した。




 <blogランキングに参加しています。1日1回のクリックにご協力ください。>



スポンサーサイト
【2005/10/19 20:10】 TOPIC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<気になるニュース | ホーム | 気になるニュース>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://happytown55.blog9.fc2.com/tb.php/65-7af88d61
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。