スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
気になるニュース


 気になったニュースです。

 緑茶ポリフェノール




 ~BioToday より~

 緑茶の主用ポリフェノール・(-)-epigallocatechin-3-galla
 te(EGCG)はアルツハイマー病の原因と考えられているAβの蓄
 積を防ぐと分かりました。

 細胞実験とマウスの実験から、EGCGはAβの生成を抑制して老
 人斑の形成を予防する作用があると分かりました。Aβの前駆
 物質・APPを過剰発現するマウスの実験では、EGCGを注射す
 ると老人斑の形成が54%抑制されました。

 ところで、緑茶に含まれるフラボノイドはEGCGの抗Aβ作用を
 抑制します。したがって、緑茶を飲めばアルツハイマー病が
 防げるとはいえないようです。

 この研究を実施したDoug Shytle氏は次のように言っていま
 す。「選択的にEGCGを濃縮しないと、他のフラボノイドの阻
 害作用を克服できないでしょう。純粋なEGCGを含む新しいサ
 プリメントは、アルツハイマー病治療において非常に有益で
 しょう。」

 マウスの実験で効果が得られたEGCGの量をヒトに換算すると
 1500-1600mg/日です。
 ボランティアを対象にした試験で、この量は安全であること
 が確認されています。

 研究者らは、経口のEGCG投与でも老人斑を抑制し、記憶機能
 の障害を防げるかどうかをマウスで実験するつもりです。





 <blogランキングに参加しています。1日1回のクリックにご協力ください。>



スポンサーサイト
【2005/10/04 13:52】 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。