スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
クールデザイン列伝 第7弾!!


 クールデザイン商品/紹介 第7弾です。

 紹介するのは、KOMPONENTコンポーネント


 LINNのエントリークラス・スピーカーです。


   photo-018.jpg





 ~商品説明より~

 ミュージックファン待望のLINNエントリークラス・スピーカー「K
 OMPONENTコンポーネント」が発表されました。クラスを超える
 本当の高音質再生を実現するスピーカーとして、中高域には“2K ア
 レイ”を新開発。またトールボーイ・スピーカー110、コンパクト
 ・スピーカー104、マルチパーポス・スピーカー106、スーパーウ
 ーファー120全モデルをアルミニウム・キャビネットにすることで、
 効果的なキャビネット容積を獲得し、充実の低音再生と生活シーン
 を引き立てるスリムな形状を両立しています。さらに、これからの
 オーディオをサポートする特徴として、トールボーイ、スーパーウ
 ーファーを含む全てのラインナップに対し壁付けブラケットを用意
 しています。
 「シーンを牽引する高い音質を持つスピーカー・シリーズであるこ
 と。」LINNが目指したこの命題と、長いインストール経験からくる
 ユーザーフレンドリーな提案は、フラッグシップ機とは別の意味で
 LINNを代表するモデルとして、多くの方にお喜びいただける製品と
 なるでしょう。




 あの高級オーディオメーカーの製品を手頃な価格で楽しめる素晴ら
 しいモデルです。
 センタースピーカー KOMPONENT 106 (12万円)だけなら
 手が届きそう…
 できればシリーズで揃えたいところですが。
 デザインもスタイリッシュでモダンリビングにぴったりだと思いま
 す。
 オーディオ買い替えを検討しているアナタにおすすめです。



   photo-019.jpg





 <blogランキングに参加しています。1日1回のクリックにご協力ください。>







スポンサーサイト
【2005/06/27 22:31】 TOPIC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画紹介第19弾!!



 映画紹介、第19弾です。

 作品は 「砂と霧の家」


 製作年:2003
 監督:ヴァディム・パールマン 
 出演:ジェニファー・コネリー  ベン・キングズレー 
    ロン・エルダード     ショーレ・アグダシュルー
     

 <ジェニファー・コネリー>

 イェール大を卒業。英、仏、独、伊語を熟す才女。友人の勧めでモ
 デルとして芸能界デビューし、やがてCMにも出演。
 84年に「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」にて映
 画デビュー。同年、「フェノミナ」でヒロインを演じ、その美しさ
 でファンを魅了した。
 近年は演技力も兼ね備えた女優として活躍。00年の「レクイエム
 ・フォー・ドリーム」での過激なシーンが話題を呼び、01年の
 「ビューティフル・マインド」でアカデミー助演賞を受賞。

 
 movie-036.jpg
 movie-037.jpg





 あらすじ
 サンフランシスコに住むキャシー(ジェニファー・コネリー)は、
 ささいな税金滞納で亡き父の唯一の財産を郡から差し押さえられ、
 競売に掛けられてしまう。
 物件を手に入れたのは、イランからの政治亡命者、ベリーニ(ベ
 ン・キングスレー)。家族の生活を維持するために、かつて持って
 いた別荘に似たこの家を転売し、資金を得ようと考えていた。
 ひとつの家に、二人の思いが交差したそのとき、悲劇のストーリー
 が始まった・・。
 ひとつの家を巡って、不安定な「霧」のキャシーと、「砂」の国か
 ら来たのベリーニの、もろく実体のない思いが悲劇を生む。
 




 どうにももどかしい映画です。
 すっきりしない映画が好きという人は少なからずいるはず。
 そんなアナタにオススメです。
 特徴といえば、登場人物にほとんど笑顔が無いことでしょうか…
 丁寧に作品のムードを作り上げている点がお気に入りです。

 

 movie-038.jpg



 <blogランキングに参加しています。1日1回のクリックにご協力ください。>







【2005/06/22 01:02】 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
クールデザイン列伝 第6弾!!


 クールデザイン商品/紹介 第6弾です。

 紹介するのは、iGuy


 個性的なipodケースです。


   photo-016.jpg





 ~商品説明より~

 iGuyは、特殊ソフトシリコン素材を採用し、iPodを入れた状態でス
 タンドさせたり、様々なポーズを取ることができるiPod 4G / iPod
 photo用ドール型プロテクトケースです。
 iPodをiGuyに入れて机などのフラットな場所に置けるだけでなく、
 Dockコネクタにアクセスできる切りかきがiGuyの下部に付いている
 ので、iPod純正のDockにiGuyが座る形でDockコネクタに接続し、
 データ同期やバッテリ充電も行えます。
 また、iGuyのアームは、自由に曲げて固定することができるので、
 ケーブルを巻き付けたり、キーチェーンなどをぶら下げることもで
 きます。




 特殊ソフトシリコンの採用により、衝撃からiPodをガードします。
 また、クリックホイール部分が空いているので、再生、停止、ボリ
 ューム調節、選曲のコントロールも装着した状態で可能です。
 iPodの液晶画面部分は、取り外し可能なプラスチック素材のスクリ
 ーンプロテクタにより、視野を保ちながら傷や汚れから守ります。
 ケース上部には、切りかきが付いており、ヘッドフォンの取り外し
 やホールドスイッチの操作が可能です。

 製品には、クリアプラスチックのアタッチメントが付いており、
 iPod 4G 20、40GB / iPod photo 30GB、40GB、60GBのすべてのモデ
 ルに対応しています。     
 

 ちなみに価格は約5,480円です。




   photo-017.jpg





 <blogランキングに参加しています。1日1回のクリックにご協力ください。>







【2005/06/19 20:20】 TOPIC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画紹介第18弾!!



 映画紹介、第18弾です。

 作品は 「オールド・ボーイ」


 製作年:2003
 監督:パク・チャヌク
 出演:チェ・ミンシク  ユ・ジテ
    カン・ヘジョン  チ・デハン
     

 <チェ・ミンシク>

 1962年4月27日生まれ。韓国。ソウル出身。東国大学演劇映画学科
 で演技を学び、1981年に舞台俳優としてキャリアをスタート。
 1989年、『九老アリラン』で劇映画デビュー。以降、演劇やテレビ
 ドラマ等で活躍の場を広げながら『我らの歪んだ英雄』(1992)『ナ
 ンバー3』(1997)『クワイエット・ファミリー』(1998)等に出演し、
 演技派俳優としての地位を確立。
 1999年の『シュリ』で北朝鮮兵隊長役を演じて強烈な印象を残し、
 第36回大鐘賞主演男優賞を始め多くの賞に輝く。

 
 movie-033.jpg
 movie-034.jpg





 あらすじ
 オ・デスは妻と一人娘を持つ、平凡なサラリーマンだった。ある日、
 娘の誕生日プレゼントを買って帰る途中、忽然と姿を消す。妻との
 不仲から、殺人容疑で指名手配されるが、実はオ・デスは何者かに
 連れ去られ、15年もの間監禁されていたのだ。
 15年後、監禁から脱出した彼は、敵を突き止め復讐することを誓う。
 その時敵から、「犯人と監禁された理由を5日間で解き出さないと
 殺す」とメッセージが。復讐に燃えるオ・デスは、美しい恋人ミド
 と知り合い、共に犯人を捜す。しかし、これも犯人が巧妙に仕組ん
 だ罠なのだった。 




 かなり迫力&スリル感のある作品です。ジャンルでいうとサスペンス
 にあたるのでしょうか。
 話の緩急がいい具合に調整されているので、適度な興奮を与えてく
 れます。
 過激な描写が多いので、そういうのはちょっとという方は勇気が
 必要かと。ただ、その描写を我慢しても見る価値アリです。

 最近見た映画で一番のオススメです。

 

 movie-035.jpg



 <blogランキングに参加しています。1日1回のクリックにご協力ください。>







【2005/06/15 22:43】 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
映画紹介第17弾!!



 映画紹介、第15弾です。

 作品は 「英語完全征服」


 製作年:2003
 監督:キム・ソンス
 出演:チャン・ヒョク   イ・ナヨン
    アンジェラ・ケリー キム・インムン
    ナ・ムニ  


 <チャン・ヒョク>

 出演作品 

 1998年「チャン」 2001年「火山高」
 2002年「ジャングルジュース」  
 2002年「トイレどこですか?」
 2003年「英語完全征服」
 2004年「僕の彼女を紹介します」

 
 movie-030.jpg
 movie-031.jpg





 あらすじ
 市役所に勤めるヨンジュは、学級委員はもちろん、掃除当番にさえ
 選ばれたことがない、目立たない女の子だった。しかし、ある日突
 然、職場でミッションが下された。窓口に来る外国人に対応できる
 よう、英会話学校に通えと言われたのだ。
 英語が苦手なヨンジュは、渋々と学校に通い出すが、その時から彼
 女の中で何かが変り始めていた。そして、初めての授業の日、隣の
 席に座ったムンスにひと目ぼれ。恋にも目覚めたヨンジュは熱心に
 勉強を始める。果たしてヨンジュは英語を征服できるのか?そして
 気になる恋の行方は?
 



 典型的なラブコメディーです。ストーリーも人間関係も分かりやす
 く、素直に楽しめます。
 英語コンプレックスが根強い日本にピッタリの映画かもしれません。

 今までチャン・ヒョクが出演している作品を見た時には感じません
 でしたが、「感情を押し殺そうとする」演技が非常にウマイ。もう
 一度過去の作品をチェックしなければ…


 movie-032.jpg



 <blogランキングに参加しています。1日1回のクリックにご協力ください。>







【2005/06/11 21:17】 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
映画紹介第16弾!!



 映画紹介、第15弾です。

 作品は 「スティング」


 製作年:1973
 監督:ジョージ・ロイ・ヒル
 出演:ポール・ニューマン  ロバート・レッドフォード
     ロバート・ショウ  チャールズ・ダーニング


 <ポール・ニューマン>

 54年「銀の盃」で映画デビューを飾るが、第二のマーロン・
 ブランドと言われることを嫌い、映画界を去る。
 しかし、56年「傷だらけの栄光」で復帰。「熱いトタン屋根
 の猫」「ハスラー」「ハッド」「暴力脱獄」でアカデミー賞に
 ノミネートされ、「ハスラー2」でアカデミー主演男優賞を受
 賞した。
 初監督は68年「レーチェル・レーサー」。
 妻はジョアン・ウッドワード。長男を麻薬中毒でなくし、麻薬
 撲滅運動にも参加した。

 
  movie-027.jpg
  movie-028.jpg





 あらすじ
 1936年。シカゴの下町で、詐欺師の3人組が通り掛かりの男を
 ヒッカケて金をだまし取る。しかし彼らが手にしたその金は、いつ
 もとは段違いの思わぬ金額だった。
 悪い予感は的中。その金は、ニューヨークの大物ロネガンの手下が、
 賭博の上がりをシカゴへ届ける為の金だったのだ。怒った組織は、
 仲間の一人であるルーサーを殺害。彼の復讐を誓ったフッカーは、
 助けを求めて、賭博師ゴンドルフを訪ねた。最初は嫌がっていたも
 のの、ロネガンの名を聞いて目を光らせるゴンドルフ。
 2人は、ロネガン相手に一世一代の大バクチを企てるが……。




 この映画、ポーカーシーンのポール・ニューマンが全てであると言っ
 ても過言ではないと思います。オーラがビシビシ伝わってくるようで、
 とにかくカッコイイ。
 あまり憧れるという事はないのですが、スティングを観たあとにはす
 っかり虜になっていました。
 ストーリーもその他キャストも素晴らしく、オススメの1本です。



 movie-029.jpg



 <blogランキングに参加しています。1日1回のクリックにご協力ください。>







【2005/06/10 23:19】 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
クールデザイン列伝 第5弾!!



 クールデザイン商品/紹介 第5弾です。

 紹介するのは、「ザ・フィット マウス『手の匠』」


 思わず触れたくなるデザインマウスです。


   photo-015.jpg





 ~商品説明より~

 マウスに対するあらゆるニーズを汲みあげ、人間工学とユニバーサ
 ルデザインの観点からコクヨは新しいタイプのマウスを開発しまし
 た。
 手首にフィットする形状で手首への負担を軽減、マウスダコを防止
 する新機構、手のひらを「置いて」使える設計を採用するなど、こ
 れまでのマウスとは一線を画す、ユニバーサルデザインマウス、
 ザ・フィットマウス<手の匠>コクヨから新発売です。




 特徴1:高さ・傾斜・曲面など、あらゆる点で手にフィットする形
     状を採用し、手首・肩・ひじに負担がかかりません。

 特徴2:手のひらを「置いて」使える設計のため、マウスを手で
    「つかむ」必要がなく握力を極力使わず作業ができます。
    
 
 どうやら商品紹介を見る限り、台座ごと動くようです。果たして
 本当に使いやすいのか…
 それはともかく、見た目のインパクトは抜群です。
 目立つパソコン周辺機器好きな私としては、先日紹介したデザイ
 ンマウスに引けを取らない存在感。どちらを買おうか…
 購入後、使用レポート載せるつもりですのでお楽しみに。

 ちなみに価格は約4,000円です。


 <blogランキングに参加しています。1日1回のクリックにご協力ください。>







【2005/06/07 22:31】 TOPIC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画紹介第15弾!!



 映画紹介、第15弾です。

 作品は

 「フライト・オブ・フェニックス」


 製作年:2004
 監督:ジョン・ムーア
 出演:デニス・クエイド  タイリース・ギブソン
     ジョヴァンニ・リビージ  ミランダ・オットー


 <ジョヴァンニ・リビージ>

 ビバリーヒルズ・プレイハウスで演技を学ぶ。テレビでは「素晴
 らしき日々」のレギュラー。95年「アウトポスト」で映画デビ
 ュー。『プライベートライアン』では、戦友を果敢に助けるウェ
 イド衛生兵を演じた。


 
  movie-024.jpg
  movie-025.jpg





 あらすじ
 閉鎖された石油採掘所のスタッフと廃材を運ぶ運搬機が、巨大な砂
 嵐に遭遇し砂漠のど真ん中に不時着する。毎度お決まりの仕事を無
 難にこなすだけだった貨物機操縦士のフランク(デニス・クエイド)
 は、自分たちの状況が最悪なのを察し、助けを待つしかないと悟る。
 しかし、コスト削減のため採掘所を閉鎖した本社が、彼らの捜索部
 隊を出す予算など持っているわけがない…彼らは絶望の淵に立たさ
 れる。
 そんな中、さすらいの探検家エリオット(ジョヴァンニ・リビシ)
 が不時着した貨物機の破損していない部分を組み合わせて新しい飛
 行機を作れないか、と提案する。
 彼らはここから新しい飛行機を造ることを決意する。




 久々にサバイバル系映画を見ました。
 やはりこの手の映画が提供してくれる「ドキドキ感」はいいですね。
 特に前半の緊張感のあるシーンは、迫力ある魅せ方がお気に入りです。
 限られた水・食料、救助が来るあてが無い、というお決まりではあるが
 人間を追いつめるのに十分な状況。そんな中起きるトラブルは最後ま
 で観客を飽きさせません。

 私は”ジョヴァンニ・リビージ”が好きなのでこの映画を見たのですが、
 彼のキャラが非常に良い。またそのキャラが上手く活かされていると
 思います。
 リビーシ好きは要チェックです。



 movie-026.jpg


 <公式ホームページはコチラ!!>



 <blogランキングに参加しています。1日1回のクリックにご協力ください。>






【2005/06/06 22:52】 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クールデザイン列伝 第4弾!!





 クールデザイン商品/紹介 第4弾です。

 紹介するのは、「marimekkoデザインマウス」


 派手派手な(?)デザインマウスです。


 photo-014.jpg




 ~商品説明より~

 北欧のライフスタイルに密着した、ナチュラルに洗練されたデザイ
 ンブランドmarimekko(マリメッコ)。
 marimekko(マリメッコ)は、アルミ・ラティア、ヴィルヨ・ラティ
 ア夫妻により1951年、フィンランドに誕生。インテリア界・ファッ
 ション界において支持され、北欧を代表するファブリック(生地)
 ブランドに成長する。
 1970年代より日本でも紹介され、北欧デザインブームの草分け的存
 在を担う。ベットリネンやカーテン、クッションや、食器などホー
 ム用品のほか、衣類やバッグ等のアパレルラインをワールドワイド
 に展開。温かみのあるタッチと鮮やかな色づかいのもと、豊かな自
 然をモチーフに独創的なコレクションを毎シーズン輩出し続けてい
 ます。
 




 今までマウスに”デザイン”なんて求めていませんでしたが、これ
 を見てから少し考えが変わりました。
 人と少し違うアイテムを入手したい方にオススメです。


 <デザインマウスが欲しい方はこちらをクリック>


 <blogランキングに参加しています。1日1回のクリックにご協力ください。>






【2005/06/04 22:55】 TOPIC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画紹介第14弾!!





 映画紹介、第14弾です。

 作品は

 「ブリジット・ジョーンズの日記

 きれそうなわたしの12か月」



 製作年:2004
 監督:ビーバン・キドロン
 出演:レニー・ゼルウィガー  ヒュー・グラント
    コリン・ファース  ジム・ブロードベント





 あらすじ
 ブリジットとマークが付き合い始めて6週間と4日、2人は24時間ラブ
 ラブだった。仕事は相変わらずだったが、もう以前のブリジットで
 はない。
 仕事が終わって家に帰れば、愛する彼とめくるめく一夜を楽しむの
 だ。しかも相手はハンサムで有能な弁護士。
 しかし、ある夜マーク宅を訪れると、弁護士仲間のジェニファーが
 来ていた。若くて魅力的なジェニファーと比べて、自分はデブでと
 りえがないと落ち込むブリジット。
 自信喪失から、ブリジットは様々な妄想に苦しみ始め、やがてはマ
 ークの愛を疑うようになる…。




 格好つけない女性の姿が新鮮な映画です。
 人間なんて感情を押し隠そうとしてもなかなか上手くいかないもの。
 そんなむき出しの感情とそそっかしい性格から生み出される「暴走
 劇」がおおいに観客を楽しませてくれます。
 現実からかけ離れすぎた映画もいいけど、たまには等身大のスケー
 ルで映画を楽しみたい、という方にオススメです。



 movie-023.jpg


 <公式ホームページはコチラ!!>



 <blogランキングに参加しています。1日1回のクリックにご協力ください。>






【2005/06/03 23:46】 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
あのシールは今





 今日は懐かしいあのアイテムを紹介

 紹介するのは、「偽ビックリマンシール」
 


 photo-013.jpg photo-012.jpg





 ~ ビックリマン・タイムズより引用 ~

 1988年6月1日、ビックリマンシールのニセモノをロッテの許可なく
 作っていた玩具製造販売会社「コスモス」の役員7人が書類送検され
 るという記事が新聞に掲載されました。 
 コスモスがビックリマンの異常な人気に目をつけ、ロッテの許可を得
 ることなくニセモノを作り始めたのは1987年11月23日。
 以後、同年12月14日までの1ヶ月足らずの間に、ニセシール約30種類
 ・1000万枚だけでなくノート、カレンダーなど約167万枚を写真製版
 で複製し、5枚一組にしてガチャガチャカプセル(プラスチック製のカ
 プセル)に入れ、スーパーの店頭などに設置された自動販売機で1個
 100円で販売。
 約3億5000万円もの利益を上げたそうです。
 




 当時喜んで、ガチャガチャマシーンに100円を投入していた記憶があり
 ます。今見ると明らかに偽物なんですが、あの頃は”光っているシール”
 であれば何でもよかったのかもしれません。
 しかし一般消費者をターゲットにしたのならともかく、経済的余裕の無
 い子供から億単位の金を…
 偽物でこうですから、本家ロッテがビックリマンで得た利益は莫大な額
 だったことでしょう。
 現在では希少価値から、本家シールよりも高値で買い取ってくれる店も
 あるとか…

 さあ、みなさんもホコリまみれのシールを探し出しましょう!!
 

 <blogランキングに参加しています。1日1回のクリックにご協力ください。>






【2005/06/01 23:17】 雑談 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。