スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
映画紹介第8弾!!





 映画紹介、第8弾。今日は韓国映画です。

 作品は「美術館の隣の動物園」

 製作年:1998
 監督:イ・ジョンヒャン
 出演:シム・ウナ イ・ソンジェ
    アン・ソンギ


 <シム・ウナ>

 1993年にTVタレントとしてデビュー。主にTVを舞台に活躍。
 映画出演3作目の「八月のクリスマス」で清楚なヒロインを
 演じ、人気が高まる。
 「美術館の隣の動物園」では、化粧っ気のない等身大の現
 代女性を、「カル」ではミステリアスなヒロインを演じ、
 演技派女優としての地位を不動のものにした。

 (クリックでその他の作品が確認できます)
 

 movie-013.jpg





 あらすじ
 結婚式のカメラマンであるチュニは、シナリオライター
 を目指して日夜ラブストーリーの脚本を執筆中。
 ある日、彼女が家に帰ると見知らぬ男性が部屋の中に。
 チョルスと名乗るその男が、以前そこの部屋に住んでい
 た女性と恋人関係だったことを知る。
 彼女は別の男と結婚してしまったらしいのだが、チョル
 スは彼女が戻るまでここを離れないと言い張る。
 そうしてチュニとチョルスの奇妙な共同生活が始まった……。





 初対面から「性格的に合わない」と感じる2人が次第に
 判りあっていくストーリーは定番ですが、全体的にけなげ
 な描き方がお気に入りです。
 古い言葉で表現すると、いわゆる胸に「キュン」ときます。
 「臆病だけど弱さを見せたくない」二人に自然と感情移入
 できると素直に楽しめると思います。

 “韓流コミュニケーション”の繊細さと大胆さの両側面を
 実感できる良作です。



 movie-014.jpg


 <美術館の隣の動物園 を観てみたい方はコチラ!!>


 <blogランキングに参加しています。
 1日1回のクリックにご協力ください。>







スポンサーサイト
【2005/05/20 23:43】 映画 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。